猫に与えてはダメな食べ物とは?

与えてはいけない食べ物について

チョコレート

これはよく知られているので理解している方も多いと思いますが猫にとっては毒になるので与えてはならない食べ物です。

チョコレートに含まれているデオプロミンという物質は、体に与える刺激が強すぎるので様々な症状を引き起こします。

引き起こす症状:痙攣・吐き気・下痢・不整脈

イカ

これも成分が悪いのですが、いかに含まれている酵素の1つであるチアミナーゼは猫の体内のビタミンたちを破壊していくため、急性的なビタミン欠乏症になり、死に繋がるケースもあります。

引き起こす症状:痙攣・吐き気・下痢・食欲減衰・昏睡状態

ネギ

ネギ科に属している食べ物は猫に与えるのは避けましょう。

色々あると思いますが、猫が食べてしまうと溶血性貧血という症状を引き起こしてしまいます。普段食卓に並ぶネギ科の食材ですが、猫が近寄ってきて間違って食べさせないようにしないとなりません。

引き起こす症状:痙攣・吐き気・下痢・血尿

カフェイン

カフェインと言われて、「コーヒーなんてあげないよ」って思った方もいるかもしれませんが、緑茶にもカフェインは含まれています。テーブルの上に緑茶をおいたままにしていたら猫が飲んでしまっていた!なんてケースもよくありますがカフェインは猫にとってはあまりよくないので、緑茶ではなく、やはり水を与えるようにしましょう。

引き起こす症状:興奮状態

最後に

気をつけていても、猫という動物はいろんな場所からいろんな角度から食べ物を狙ってきます。そんな中で愛猫がもし上記の食べ物を食べてしまったときは自己対処法で済まそうとするのではなく、獣医の元へ向かうか電話をしましょう。

猫にももっといいものを食べさせてあげたい!!って思考の方

猫には猫の美味しい食事があるので猫が喜ぶものを買ってあげてください。

こんなものをお勧めします。

猫ちゃん大好物のチュール

これが大好物です。毎日あげてはいませんが、特別な日やあげたいなって思った日に買ってあげています。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする